スポンサーリンク

SEVENTEEN 「Campfire(キャンプファイアー)」韓国語 歌詞 和訳 カナルビ/セブチ楽曲

seventeen
スポンサーリンク

セカンドフルアルバム 『TEEN, AGE』 2017.11.06
作詞:ウジ, BUMZU, エスクプス, ジョンハン, ウォヌ, THE8, ミンギュ, ドギョム, スングァン, バーノン
作曲:ウジ, BUMZU, ドン・ネヒョン, ウォン・ヨンホン
編曲:ドン・ネヒョン, ウォン・ヨンホン, ヤマアート

ノワ ネガ ハムッケ ウリガ
너와 내가 함께 우리가
君と僕がいっしょに 僕たちで

カチ トゥルロアンジャ ソロルル パラボルッカ
같이 둘러앉아 서로를 바라볼까
一緒に輪のように座って お互いを見わたしてみようか

ノルル タルムン ナルッシワ
너를 닮은 날씨와
君に似ていた空模様と

ッコッキル ウィエ チュオクドゥル モドゥ
꽃길 위에 추억들 모두
花道の上で 思い出をぜんぶ

チョグン ッチョクジルル アプロ ネソ
적은 쪽지를 앞으로 내서
記した手紙を差し出して

ソロエゲ コンネジュミョン
서로에게 건네주면
お互いに手渡せば

ドェ ボイル ドゥッ マルドゥテットン
돼 보일 듯 말듯했던
いい 見えそうで見えなかった

ウリ ソクマウムル アプロ ド
우리 속마음을 앞으로 더
僕たちの本音が これからはもっと

シュィプケ アラボル ス イッスルコヤ
쉽게 알아볼 수 있을거야
簡単にわかるだろう

ソロエ ヌンピッ イジェン アルジャナ
서로의 눈빛 이젠 알잖아
お互いのまなざしで もう分かるんじゃない

ノ アペソ ッスクスロウムップニドン ネガ
네 앞에서 쑥스러움뿐이던 내가
君の前だと恥ずかしがるばかりだった僕が

オヌ セ ノワ ヌンマッチョ
어느 새 너와 눈맞춰
いつの間にか君と目を合わせるようになって

オヌルッタラ ダルド ガッカプケ ビチヌン
오늘따라 달도 가깝게 비치는
今日にかぎって月も近く照る

パムハヌル パルケ ビチュン
밤하늘 밝게 비춘
夜空に明るく照らされた

ウリエ ノレッソリ
우리의 노랫소리
僕たちの歌声

ウリエ ウスムソリ
우리의 웃음소리
僕たちの笑い声

ハナ ドゥルッシク トゥィヌン プルッシ ソゲ
하나 둘씩 튀는 불씨 속에
一つ二つ 弾ける火だねの中に

ボイヌン ウリ チュオク
보이는 우리 추억
見える僕たちの思い出は

ト パルケ ピンナゴ
더 밝게 빛나고
もっと明るく輝いて

オヌリ チナガド
오늘이 지나가도
今日が過ぎても

ハムッケ マンドゥン イ ノレ
함께 만든 이 노래
一緒に作ったこの歌を

イッチ アナッスミョン ヘ
잊지 않았으면 해
忘れなかったらと思う

ネ ヨペ イットン ノ
내 옆에 있던 너
僕の隣にいた君

ニ ヨペ イットン ナ
네 옆에 있던 나
君の隣にいた僕

ソロルル マンドゥン
서로를 만든
お互いを作った

ウリエ ケムプパイオ
우리의 캠프파이어
僕たちのキャンプファイヤー

ノヌン ネゲ ナヌン ノエゲ
너는 내게 나는 너에게
君は僕に 僕は君に

ムォガ クリド チャム コマウォンヌンジ
뭐가 그리도 참 고마웠는지
何にそんなにも感謝してたのか

チャブン ソヌン モッ ッテゴ
잡은 손은 못 떼고
掴んだ手は離さずに

マジュチン ヌンガエド ミソマン
마주친 눈가에도 미소만
見つめ合った目元にも微笑みだけ

ヌロガニッカ シガヌン ッパルリ ガ
늘어가니까 시간은 빨리 가
増えていくから 時間は速く過ぎて

アシュィウン マウムン ボルッソ
아쉬운 마음은 벌써
残念な気持ちはもう

ナボダ ヌンチド ッパルジ
나보다 눈치도 빠르지
僕より気づくのも速く

ソクド モルゴ シガヌン フルロガジ
속도 모르고 시간은 흘러가지
僕の気持ちも知らずに時間は流れていく

シュィプチン アナッチ ノワ ナ ヨギッカジド
쉽진 않았지 너와 나 여기까지도
簡単じゃなかったんだよ 君と僕 これまでも

オヌン ギル ソロマン ミッコ ワッチ
오는 길 서로만 믿고 왔지
ここまでお互いだけを信じてきたよ

クムッチョクガトゥン シガン クムバン フルロガニッカ
금쪽같은 시간 금방 흘러가니까
大切な時間はあっという間に過ぎていくから

ックァク プッチャバ ドゥゴ シポ ノワ ハムッケニッカ
꽉 붙잡아 두고 싶어 너와 함께니까
しっかり掴んでおきたい 君と一緒だから

ネ ソネン トンギタワ タオルヌン プルッコッ アペ
내 손엔 통기타와 타오르는 불꽃 앞에
僕の手にはギターと燃え上がる炎の前で

イェッ イェギロ チュルバラヌン チュオゲ キチャ
옛 얘기로 출발하는 추억의 기차
昔の話からスタートする思い出の汽車

パムハヌル パルケ ビチュン
밤하늘 밝게 비춘
夜空に明るく照らされた

ウリエ ノレッソリ
우리의 노랫소리
僕たちの歌声

ウリエ ウスムソリ
우리의 웃음소리
僕たちの笑い声

ハナ ドゥルッシク トゥィヌン プルッシ ソゲ
하나 둘씩 튀는 불씨 속에
一つ二つ 弾ける火種の中に

ボイヌン ウリ チュオク
보이는 우리 추억
見える僕たちの思い出は

ト パルケ ピンナゴ
더 밝게 빛나고
もっと明るく輝いて

ウリマヌン シガネ ッチョッキョ
우리만은 시간에 쫓겨
僕達のことだけは 時間に追われても

イッチヌン マラヨ
잊지는 말아요
忘れないでね

オルマナ ソジュンハンジ オルマナ コマウンジ
얼마나 소중한지 얼마나 고마운지
どんなに大切だったか どんなに感謝していたか

ネイル アチメ タルピチ ッコジョド
내일 아침에 달빛이 꺼져도
明日の朝 月明かりが消えても

ウリ マムン ッコジジ アナヨ
우리 맘은 꺼지지 않아요
僕たちの気持ちは消えないよ

ヒムドゥルゴ ノ ジチル ッテ
힘들고 너 지칠 때
たいへんで 君が疲れた時

クデル バルキョ ジュルゲヨ
그댈 밝혀 줄게요
君を照らしてあげるよ

ファナゲ ウソボァヨ
환하게 웃어봐요
明るく笑ってみて

ソロエ ヒミ ドェル ス イッケ
서로의 힘이 될 수 있게
お互いの力になれるように

タ ガチ プルロボァヨ
다 같이 불러봐요
みんなで歌おう

イ バミ ジナド
이 밤이 지나도
この夜が過ぎても

ヒムドゥルゴ ノ ジチル ッテ
힘들고 너 지칠 때
たいへんで 君が疲れた時

クデル バルキョ ジュルケヨ
그댈 밝혀 줄게요
君を照らしてあげるよ

ネ ソヌル ノッチ マヨ
내 손을 놓지 마요
僕の手を離さないでね

ネ ヨペ イットン ノル
내 옆에 있던 널
僕の隣にいた君を

ニ ヨペ イットン ナ
네 옆에 있던 나
君の隣にいた僕を

ソロルル パルキル
서로를 밝힐
お互いを照らす

ウリエ ケムプパイオ
우리의 캠프파이어
僕たちのキャンプファイヤー

Campfire (캠프파이어)

セブンティーンの「Campfire(キャンプファイアー)」は、ファンに向かって感謝の気持ちを伝える歌ですね。
ファンソングです。セブチメンバーのファンを大切にする心が込められている感じがします。
暖かく癒される歌です。だけどキャンプファイアーの火は消えるからか、何か寂しい感じもします。

タイトルとURLをコピーしました